映画/ドラマ

桜のような僕の恋人印象に残ったセリフ何?泣けるシーンと作者が伝えたかったこと!

Pocket

70万人が号泣した感涙ラブストーリー「桜のような僕の恋人」

2022年3月24日、Netflixで全世界独占配信されてから、ネトフリランキングTOP10入りを果しています!

この記事では、桜のような僕の恋人印象に残ったセリフ何?泣けるシーンと作者が伝えたかったことを紹介します。

視聴者からは「めちゃくちゃ切なくて、泣ける~!」という感想が多数!

そこで、印象に残ったセリフや泣けるシーンについてまとめました。

最後に…作者の宇山佳祐さんが伝えたかったことについても考えます。

それでは、行ってみましょう♪

 

桜のような僕の恋人の印象に残ったセリフは何?

「桜のような僕の恋人」は原作の小説がNetflixで映画化されました。

配信時間128分の中の前半と後半に分けて、特に印象に残ったセリフを紹介します。

 

前半で印象に残ったセリフ

「変わりたいんです!逃げてきた自分から。ちゃんと自分を誇れるように。だから変わります、あなたに好きになってもらえるように…」

晴人の耳たぶを切ってしまった美咲と、その見返りにデートに誘った晴人。

二人の初デートでの晴人のセリフ。

怒って帰ろうとする美咲に、意を決して言う晴人のセリフが…自分の生き方をも考えさせられます。

 

後半で印象に残ったセリフ

「ずっと怖かった、けど嬉しかった。また声が聞けた。好きって言ってもらえた。」

美咲の兄から頼まれて、戸惑いながらも美咲の家に向かう晴人。

何度も扉越しに語りかける晴人を感じる美咲。

美咲のどんなに諦めようとしても、忘れ去ることができない晴人への想いに触れると…切なくて、哀しい。

 

作品情報

Netflix映画「桜のような僕の恋人」
2022年3月24日(木)Netflixにて全世界同時配信

原作:宇山佳佑「桜のような僕の恋人」(集英社文庫刊)
監督:深川栄洋「神様のカルテ」
脚本:吉田智子「君の膵臓をたべたい」

【主題歌】Mr.Children「永遠」

 

あらすじ

美容師として働く明るい美咲に恋をした、若き見習いのカメラマンの晴人。
やがて二人は恋人同士となるが…長くは続かない。

共に未来へと歩み出した美咲と晴人の前に、思いもよらない運命が立ちはだかる。

永遠に忘れない、美しくも切ない恋の物語。

 

桜のような僕の恋人の泣けるシーンを紹介!

視聴者からのレビューを調査すると、後半30分が涙腺崩壊状態に!

 

車の窓越しから晴人を見る、美咲の姿

退院し、自宅療養することになった美咲。

自宅に戻る途中に晴人が勤める写真事務所によってくれるよう、あやのに頼みます。

車の窓越しから…懸命に働く晴人を見て、思わず嗚咽する美咲が切なすぎて、号泣。

 

美咲の死後、桜色の帽子に泣き崩れる晴人

本作のクライマックス!

美咲を求めて…慌てて展覧会場に向かう晴人は、途中で倒れている老婆を助けます。

「大丈夫ですか?」と晴人。

「ありがとう」と晴人に微笑む美咲。

晴人がその老婆が美咲であることを知ったのは…美咲の死後でした。

美咲の部屋にある桜色の帽子を見て、晴人は泣き崩れる。

 

桜のような僕の恋人の作者が伝えたかったことは?

本作には、このような内容が記されていました・・・

あなたの大好きな人を想って見てください。

愛することの喜びと痛み、そして強さが、この物語にあふれています。

確かに!「愛することの喜びと痛み、そして強さ」作品を振り返ると正に感じ取ることができる内容になっていました。

これが、本作で作者が伝えたかったことかも知れません。

しかし、受け取り方は、人それぞれです。

あなたが受け取ったメッセージを、大切にしてください。

 

心はつながっている

そして、こんなことも感じました。

愛し合う晴人と美咲の心は、どんなに困難な病に襲われても…途切れることはなかった。

エンディングのラストシーン。

晴人は外見の変わった美咲に気づいてあげられなかった瞬間を悔やみながらも、写真を撮り続けることを決意する。

晴人が思い入れの東京タワーを前にカメラのレンズを覗くと、そこには赤いコートを着た彼女が…。

「永遠に、心はつながっている。」

 

桜のような僕の恋人の印象に残ったセリフまとめ

今回は、「桜のような僕の恋人」印象に残ったセリフ何?泣けるシーンと作者が伝えたかったことを紹介しまいました。

  • 印象に残ったセリフ、泣けるシーンはレビューを参考にしましたが、感じ方に正解はないので、自分が正直に感じた内容を大切にしてほしいです!
  • 本作の紹介文から、「愛する喜びと痛み、強さ」というワードが使われていました。これが本作で、作者が伝えたかったことなのでしょう。

「だから、僕は春になると君を思い出すんだ。桜のような僕の恋人を・・・」

暖かい桜の季節になると、また絶対に見たくなる…切ない恋の物語♡

「桜のような僕の恋人」

映画のラストのMr.Children「永遠」で、また「ジーン」と涙が。

辛くて切ない、でも最後は心が温かくなるような…

今ある幸せを大切に感じられる、素敵な作品でした♡

ABOUT ME
ちゅん平
こんにちは、ちゅん平と申します。 『ROUTINE』ナビゲーター担当です♪ 皆様の気になるお悩みをスッキリ解消!!できるように精進致します。 何卒、宜しくお願い致します。