映画/ドラマ

約ネバ(実写映画)棒読み城桧吏は滑舌悪い?レイ役下手くそな演技と言われる理由!

Pocket

2018年の映画「万引き家族」で知っている方も多い、俳優の城桧吏さんが実写映画約束のネバーランド(略称:約ネバ)でレイ役を務めました。

この記事では「城桧吏は棒読みで滑舌悪い?」「レイ役下手くそな演技!」そう言われている理由を検証します。

演技の評判が良いとされる、城桧吏さん務めるレイ役の演技について…視聴者からは、まさかの厳しい反応が相次いでいます。

「下手くそな演技!」と言われるくらいに棒読みで滑舌悪いのは、一体どうしてなのでしょうか?

何か理由があるのかもしれませんね…。

それでは早速、見て行きましょう!

 

約ネバ(実写映画)棒読み城桧吏は滑舌悪い?

城桧吏さんは、クールな天才レイ役を務めています。

しかし、城桧吏さんの演技を見ていた視聴者からは、こんな声が聞こえてきました↓↓↓

レイ役が下手過ぎて残念だった。
イメージよりも年齢が若いし、棒読み。

城桧吏さんのコメントには・・・

映画のレイは15歳という設定ですが、演じた時の僕は…12、13歳でした。
自分はレイとは違う性格なので、クールに演じるにはどうすればいいのか考えました。

毎日新聞しらべ

このことからも、城桧吏さん自身も映画の設定と実際の年齢の違いに悩み、演技に苦悩していた様子がうかがえます。

先ずはレイ役、城桧吏さんの簡単なプロフィールを紹介します↓↓↓

 

 レイ役城桧吏の簡単プロフィール

名前:城桧吏(じょうかいり)
生年月日:2006年9月6日
年齢:15歳
出身地:東京都
身長:167㎝
職業:俳優・歌手
事務所:スターダストプロモーション

城桧吏さんは、2014年に男子小学生のダンスユニット「スタメンKiDS」のメンバーとして活動を始め、Netflixドラマ「僕だけがいない街」で子役デビューしました。

主な出演作品は映画「となりの怪物くん」「万引き家族」「都会(まち)のトム&ソーヤ」。

それでは、若手俳優としても活躍されている城桧吏さんが、約ネバで「棒読みで下手くそな演技!」と言われる理由について検証していきます↓↓↓

 

約ネバ(実写映画)棒読み城桧吏レイ役下手くそな演技と言われる理由!

レイ役の城桧吏さんの演技は「滑舌悪い!棒読み!」と下手くそな演技と言われています。

そう言われる理由がわかりました↓↓↓

 

下手と言われる理由①アフレコ

城桧吏さんのコメントには・・・

撮影時は声が高かったのですが、声変わりをしたので声だけ全部取り直しました。

口元を見ながら映像に合わせて、声をあてました。

声だけで感情を表現しなければならなくて、動きをつけながらやりました。

毎日新聞しらべ

当時13歳の城桧吏さんは、声変わりをしていて「これでは、場面ごとに声が変わってしまう」と全部を録音し直したそうなんです。

下手くそな演技と言われる理由は、声変わりでアフレコをしたことが原因だったんですね!

城桧吏さんの演技の上にアフレコで声を入れたことで、違和感が生まれてしまったのでしょう。

ちゅん平
ちゅん平
映画はアフレコシーンが多いです。

 

下手と言われる理由②声変わり

男性の成長過程に声変わりは不可欠です。

男子は声変わりで声帯の幅が一気に狭まってしまうので、滑舌悪くなるそうです。

ちゅん平
ちゅん平
声変わりの影響で、出せる音域が半分になってしまいます。

城桧吏さんは、約ネバの撮影と同時に成長過程で声変わりになり、その対策としてアフレコでの演技をすることになりました。

それが、今までの演技で高評価を得ていた城桧吏さんが「棒読み!滑舌悪い!下手くそな演技!」と言われる理由だったのですね。

>>気になる!エマが言った最後の言葉は?

 

約ネバ(実写映画)棒読みまとめ

今回は、約ネバ(実写映画)棒読み城桧吏は滑舌悪い?レイ役下手くそな演技と言われる理由について書いてます。

  • 約ネバ(実写映画)城桧吏は棒読みで滑舌悪いと話題!
  • 「レイ役下手くそな演技」と言われる理由は、声変わりで後から声を録音するアフレコが原因。

現在15歳の城桧吏さんは、みるみるうちに成長して初々しいレイからイケメン美男子になっています♡

城桧吏さんの演技力は、これから益々磨きがかかるでしょう。

今後の活動を応援しています♪

ABOUT ME
ちゅん平
こんにちは、ちゅん平と申します。 『ROUTINE』ナビゲーター担当です♪ 皆様の気になるお悩みをスッキリ解消!!できるように精進致します。 何卒、宜しくお願い致します。