Roots

姿勢改善サロンRoots高品院長のセルフケア5選!自分の体は自分で治せる!

Pocket

姿勢改善サロンRoots高品院長のセルフケア5選!自分の体は自分で治せるをご紹介!

セルフケアとは…「理想的な生活と健康を維持するために自分自身を管理すること」です。

あなたもご自身の生活リズムを整えるために…体を動かしたり、食事を見直したり、睡眠時間をとったりして、日常的にセルフケアをやっていますよね~。

それと一緒で、今回ご紹介する姿勢改善サロンRoots高品院長が教えるセルフケア5選は…私たちがより良い生活を送るためにとても必要なものなのです!

「肩がなんだか痛いなぁ~」「少しだるいなぁ~」というチョット辛い慢性的な痛みがある方必見!

自分で治せる方法を現役整体師が教えます。

1つのセルフケアにつき、右20回、左20回ずつ行ってください。

全部で10分~15分くらいでできますよ♪

但し…緊急な痛みや痺れがある人は、先ずは患部を治してからです!

 

姿勢改善サロンRoots高品院長のセルフケア5選!

セルフケア5選(出典 roots-tokyo.amebaownd.com)

これからご紹介するセルフケア画像は…鍼灸按摩マッサージ指圧師の国家資格を持つ「姿勢改善サロンRoots」院長・高品昇平先生にご協力いただき、全てオリジナルで作成したものです。

痛みのメカニズムと私がいつもやっているセルフケアを一緒にお伝えします。

先生の写真を参考にして、あなたも一緒にやってみてくださいね!

 

1.胸のセルフケア

胸の筋肉が固まってしまうことで…巻き肩になります。

胸の筋肉がギュッと固まって小さく縮んでしまうと、反対に肩甲骨側の筋肉が引っ張られて、背中の筋肉が伸びて肩が前に流れてきてしまいます。

結果、背中が丸くなってくる。

いわゆる『猫背』です。

なので、胸の筋肉を緩めることで…胸の固まっていた筋肉がほぐれて、胸が広がっていきます。

よって、肩が元の位置に戻るようになります!

先ずは、写真のように…壁の角や柱を使ってやってみてください。

手のひらと肘を壁にくっつけて肘の角度は90度、足を一歩前に出すと…胸の筋肉が伸びてストレッチされているのがわかると思います!

手のひらの位置を変えながら、1ヶ所20秒ずつ行ってください。

ポイントは、一歩前に出した足を壁から離すようにすると更に、筋肉が伸びる感じがありますよ~。

私は…「ちょっと肩が凝って痛いなぁ~」って時にもやると、肩が軽くなるのを感じます♪

 

2.腕のセルフケア

腕の力こぶの筋肉が固まってしまうことで…腕の筋肉が下に引っ張られて、肩がお辞儀をするように肩が前に出てきます。

よって、1と同じく『猫背』になってしまうのです!

力こぶの筋肉を緩めることによって、肩が元の位置に戻っていきます。

写真のように…手のひらを壁について、肘を伸ばし、体を反転させてください。

大事なことは、力こぶの筋肉が伸びているかどうかです。

手のひらの方向を色々と変えながら…20秒、力こぶの筋肉が伸びているのを確認しながらやってみてくださいね!

1と2は上半身のセルフケアでした。

猫背って、自分で頑張って姿勢をキープしようとして胸を張っても…疲れてしまって、なかなか続かないのが正直なところ(>_<)

長年の猫背で悩んできた私にとっては・・・必須のセルフケアになっています♪

 

3.おしりのセルフケア

上半身と下半身の真ん中にある、おしりは特に重要な部位なんです!

おしりの筋肉が固いと…上半身にも下半身にも影響が出てきてしまうのです。

おしりって、普通に柔らかいと思ってません?

自分の「おしり」触ってみてください!

結構~固くなっていませんか?

特に、座りっぱなしのデスクワークのあなた!

おしりの筋肉を緩めることによって、「肩こり」「腰痛」「膝の痛み」までもが改善されます。

写真のように…テニスボールを使って、おしりの筋肉を緩めます。

仰向けに寝て、両膝を立て、テニスボールを腰骨の真後ろに置き、ボールを置いた側の足を脱力しながら倒します。

おしりの筋肉は大きいので、1ヶ所20秒ずつテニスボールの位置をずらしながらやってみてくださいね!

但し…「強い方が効く」と思ってグイグイ体重を乗せて強く行うのは、かえって逆効果になりますよ!

テニスボールってテニスをする時だけではなく、こんなふうに使えるのを知ってました?

足の裏が疲れた時に…テニスボールを踏むのもオススメです!

私は最初、100均のテニスボールを使っていたら…直ぐに劣化してしまったので、しっかりとしたメーカーのテニスボールの方が耐久性があって、長持ちしますよ↓↓↓


 

4.太もも内側のセルフケア

太もも内側の筋肉を緩めることによって…「肩こり」「頭痛」に効果があります!

ソファーやベットなどの上にうつ伏せで寝て、ストレッチポールを使って膝から上の内ももをほぐしていきます。

膝から上の内ももに対して1ヶ所20秒ずつストレッチポールをずらしていってください!

最初は…少し痛いかもしれませんね~。

「わざわざストレッチポール買えな~い!」という方は、自分の手で内ももをほぐすだけでも効果はありますよ~♪

 

5.太もも前側のセルフケア

内もも前側の筋肉を緩めることによって…「首の痛み」「反り腰」「慢性腰痛」などの症状が改善されます。

写真のように…ストレッチポールを横向きに置き、しっかりと頭の先から踵まで一直線にします。

肘を地面に付けて、ストレッチポールに当てていない側の足は曲げます。

太ももの横や斜め前、前側と自分で角度を変えながらストレッチポールを転がしてください。

正直、最初は…めっちゃくちゃ痛いです!

最初は痛いので気をつけながら、慣れてきたらコロコロ転がしてみてください。

ストレッチポールが無くても…壁の前に立って、片足ずつ足首を持って、太もも前側の筋肉を緩めることもできますよ~。

腰が反らないように注意してくださいね!

しかし…足の筋肉を緩めることで、首の痛みや腰痛が治るってなんだか不思議ですよね~。

専門家曰く、、、「体はつながっているのです!」

是非、高品院長おすすめのストレッチポールを使って、痛みから解放されましょう↓↓↓


 

姿勢改善サロンRoots高品院長の自分の体は自分で治せる!

あなたは、自分の体は自分で治せるって知っていましたか?

私はコノ真実を知ったとき…かなり衝撃的でした!

「膝が痛い!」「腰が痛い!」「肩が痛い!」ホントに痛みって辛いですよね~。

「高いお金を払ってでも…この痛みを何とかした~い!」この気持ちわかります^^

私自身も足の痛みを何とかしたくて、整体、整骨院、マッサージ店を放浪し…一時は良くなったとしても、また痛みを再発し…また通うを繰り返していました。

例え1週間に1回、60分の整体に通ったとしても生活の大半は自分1人だけなのです!

「通って治す」「治してもらう」のではなく…「自分で治す」自分の体は自分で守れる!

一生モノのスキルと技術を学ぶことで、お金と時間の節約にもなるのです!

是非、あなたも自分で治せるセルフケアを体得して、自分の体は自分で治せることを体感してみてください。

>>この痛み何処へ行けばいいの?おすすめの整体院の選び方!

>>整体院ってお値段ピンキリだよね~Roots の値段が高い理由!

 

まとめ

今回は、姿勢改善サロンRoots高品院長のセルフケア5選!自分の体は自分で治せる!をお伝えしました。

毎日実践することで…気になるチョットした痛みなら、自分自身で痛みを治すことができるようになってきています!

「自分でもできる!」という自信がついて、心もポジティブになってきました♪

調子が良いからと言って、セルフケアを疎かにすると…やっぱり痛みが出てくることもわかりました!

専門家から正しいセルフケアのやり方を学び、毎日、素直にやり続けることで必ず日頃から悩んでいる痛みから解放できるのです!

毎日歯磨きをするように…1日中動いてくれた自分の体に『今日も1日ありがとう~♡』と感謝する気持ちで是非、セルフケアを取り入れてみてください。

きっと体は喜んで、あなたのために動き続けてくれるはずです!

姿勢改善サロンRoots高品院長のセルフケア5選!自分の体は自分で治せる!

あなたの健やかな毎日を応援しています♡

ABOUT ME
Acco
こんにちは、Accoです♪ ブログアフィリエイターで自己実現を目指す! 自己投資好き♡Rootsの筋トレ&セルフケアが日課♡ 健康・マネタイズ・人間関係をバランス良く構築したい! 『常にあなたのお役に立てるコンテンツを考えます』